「マーメイドは見た」 & World Championships
友人が週末コペンハーゲンに旅立つ。
もちろん、世界選観戦観戦のため。
嘘か誠か、会社の人には、「人魚の像を見に」、と言っているそうだが。

とはいえ、実際には、人魚の像を見に行く暇などないだろう。
なにしろ強行軍らしい。

でも私は見た。
マーメイド。
それも、やはり世界選手権の場で。

先に横浜で行われたトライアスロン世界選手権での一こまだ。

バイクでは、大きく2つのグループに分かれ、そこから脱落した数人の選手が三々五々くる展開。
沿道の人が身を乗り出して、そんな千切れた選手にゲキを飛ばすシーンが散見され、
マーメイドも、呑気な様子で一部始終を眺めていた

e0244689_2210484.jpg

注1:場所は角にあるスカンジナビアレストラン前。
注2:実はこの真向かいに、ジェンソン・バトンとジェシカ様のカップルがいた。しかし残念ながらその時は気付かず。(2人がどこかにいるということは把握してたのに)。
あとで2人がツイッターにアップした写真が余りにニアミスくさかったので、友人が自分の写真を細かくチェックしたところ、2人が写っていたというオチ。


さて、昨日エリートTTで優勝したトニー・マルティン。

チェコスロバキアの出身だが、ヨーロッパ・ピクニック計画を受けベルリンの壁崩壊につながる
あの一連の流れの中で、一家全員チェコからドイツに逃れてきた。

09年ツールで話を聞いた時の印象は、英語はうまく、穏やか。
「TTが得意なので、初日TTというのが相場のツールでは、新人賞のホワイトジャージを着るチャンスはあると思う」、
そう語っていたけれど、その年の世界選TTで銅メダル。

いつかツールがそこそこ距離のあるTTで開幕すれば、マイヨジョーヌを着るチャンスだってあるかもしれない

e0244689_2293159.jpg

[PR]
by maillotvert | 2011-09-22 22:11 | Races other than RR
<< アルカンシェルを一足先に見た! 帰国報告 ブエルタ・ア・エスパ... >>