ジロ・デ・イタリア2012ルート発表
昨日発表になったジロ2011年のコース。
第10、11ステージには、アッシジが組み込まれていた。

これまで訪れたヨーロッパの街の中で、もっとも心を揺さぶれた場所のひとつ。

聖フランチェスコが眠る聖堂が、ご加護を与えるかのように高台から石造りの街並みを優しく見降ろし、
スバシオ山で採掘されたというバラ色大理石のファサードは、夕暮れ時にはオレンジ色に輝き、
ジョットが描いた聖フランチェスコと小鳥の会話の絵が心をなごませてくれる町。

来年5月15,16日か、行きたいなぁ、と思いつつ、あの静かな佇まいがジロの喧騒に包まれるのを自分が好んで見たいのかどうか、ちょっと自信がない。
e0244689_716187.jpg
e0244689_7161322.jpg
e0244689_7162370.jpg

昨日のプレゼンの模様。
RCSから配信されてきたニュースレターから。Copyright@RCS
e0244689_7153063.jpg
e0244689_71542100.jpg

プレゼンの様子を伝えるCNの記事
[PR]
by maillotvert | 2011-10-17 07:30 | Road Races
<< 不屈と書いて、白戸さんと読む? ジャパンカップ名物 その1 >>