グランツール九州と、本日の宮澤選手の新聞記事
噂の駅伝「グランツール九州」。リーダージャージとか山岳ポイント、スプリントポイントとか、なんとなくかの国のグランツールに近づいてくれると面白いのだが。

さてグランツールの本家の方はといえば、本日は奇しくもツール・ド・フランスのルート発表日。(CN)ライブ映像も配信されたりしてたわけだが。

ということで、今日の話題はもちろん(?!)この話題。
宮澤崇史選手なのだ。

下記のメールで、本日付の西日本新聞に、宮澤選手のことが載っていると教えてもらった。
全文は下記で読める:
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/268910

おはようございます、用器具係です。

さてさて、昨年からちょくちょく話題にしておりました駅伝「グランツール九州」。
新コースも発表され、各県選手によるどんな戦いになるか、今から楽しみです。
主催新聞の文面を見ると、コースそのものは、昨年までのコースを踏襲するところが多いようです。
新コースもないわけではないですが、全くの新しいコースはないですね。
今の交通事情を考えると、それもいたしかたないと思いますが…。
個人的には、熊本ステージは、熊本城スタート、阿蘇ゴールという「山岳ステージ」を希望するのですが…。
今年は10月30日に「長崎平和祈念像前スタート」、「ハウステンボスゴール」から始まります。
面白い記事や、今年、新たに始まったことがあったら、また報告いたします。


それと、同じ新聞に「春秋」というコラム欄があります。
本日の話題は、ファルネーゼの宮澤選手でした。
私個人としては、初めて知ったことが掲載されておりました。
「Mas」にいらっしゃる方々は、ご存知と思うことかもしれませんが…。
しかし、そのエピソードを読むにつけ、宮澤選手の母親に対する思いがとても伝わってきます。
なおかつ、そんなことをしても、プロの世界に復活し、オリンピック、世界選手権を走った宮澤選手のすごさに、ただただ脱帽です。
ヨーロッパで活動する、宮澤、新城、別府の三選手には、これからも活躍してほしいですが、宮澤選手には、特に、と強く思います。

コラム作者の「あの宮澤選手?」と驚く文面は、ホークスの優勝で沸き返る地元記者の素が出ており、ご愛敬ですが…。

いよいよ、Jpapan-Cupですが、天候が良いことを九州より祈ってます。

[PR]
by maillotvert | 2011-10-18 20:52 | Riders
<< なつかしのジャパンカップ カン... ジャパンカップ名物 その2 今... >>