ジャパンカップクリテリウム
宇都宮で行われたジャパンカップ・クリテリウム。
事前予想として、オーストラリアのジェネシスがやる気満々かもね、などと友人と話していた。

去年初回のクリテリウムを制したドラパック・ポルシェのパーマーもオーストラリア人。
本戦での優勝は難しいかもしれない野武士的な選手・チームが闘志を見せるのではと。

結果は、といえば、ジェネシスのヴォン・ホフが優勝。
これでオーストラリア人が2連勝。

普段ジェネシスというチームは馴染みがないけれど、今回、なにかと存在感を見せていた。
にこやかな場面が多々あり、日本の滞在を楽しんでいる様子がうかがえた。

正直、震災の年の来日ということで、選手の中には来日を躊躇した選手もいたかもしれない。。
それでもはるばる来てくれて、なんとはなしに楽しんでいるような姿を見るとほっとする。

帰国して、「日本は大丈夫だったよ」なんて周囲に吹聴してくれたりすれば、敬遠されがちな今日この頃の日本が元気になれそうな気がする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ネイサン・ハースはタスマニア一周で山岳王。ジェリービーンズの選手から、「彼はチャンピオンなんだよ」などと言われていた。
e0244689_22483277.jpg


やはりにこやかな印象、ジェネシス。
e0244689_22475596.jpg

e0244689_22473449.jpg
e0244689_22474562.jpg

[PR]
by maillotvert | 2011-10-22 23:41 | Road Races
<< ジェネシスのハース 宮澤崇史選手、2012年度サク... >>