末恐ろしい伸び盛り
昨日知り合いの人からの電話で聞いたこと:
ジャパンカップ本戦でネイザン・ハース(写真)が激戦のスプリントを制したとき、自分でも予想外の展開だったか、思わず「オーマイ・ガッド!」と言い放ったそうなのだが、それをその人は間近で聞いたそうだ。

e0244689_84637.jpg

かつてのアイドル、TVで見ていた世界トップクラスのクネゴやバッソを押しのけての勝利に、思わず発した一言。
こんなダークホースの優勝シーンは珍しくもあり、微笑ましくもあり。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

毎年欠かさず通い続けたJCだが、今年は日曜は行かれず、土曜も夜に用事があり、ゆっくりできず。
行くのを躊躇したが、次々知り合いに再会し、やはり行ってよかった。

クリテ当日は、ホテルのロビーで友人とランチするために待ち合わせ。
あの人、この人と知った顔が登場し、あれこれ話が弾んでいたらそこにきたのがジェネシスの一団。
ニコラス(ニック)・サンダーソンは、落車のせいということで、右手に派手に縫った跡があった。

e0244689_8102271.jpg
e0244689_8104251.jpg

体格的にはスプリント系。この日目撃した数少ない選手ということもあり、応援したのだが、結果は50位だった模様。
e0244689_8123854.jpg

~~~~~~~
この後、バッソ、クロイツィゲルらがたまたまフリーランから帰還。
クネゴも通りかかり、ファンがサインを求めて駆け寄り始めた。
ところがモーリが登場で、あたり騒然。クネゴのことは忘れて「モーリ!モーリ!」の歓声がいきかった。
これを目の当たりにしたクネゴ。
「おいおい、モーリ、モーリかよ!」(怒)と、このポーズ。
e0244689_8192066.jpg

ジェラシーのクネゴなのだった。

~~~~~~~

交流会で友人Pさんがサクソのゲイツ監督に聞いたこと:

サクソバンクというかリースサイクリングはロットとどう違う?と聞いてみましたところ、
「何もかも違うよ、こんなチームはじめてだ。予想以上にちがった。ロットも大きなチームだったけど。
(サクソのような)チーム他にはないんじゃないかな?何が違うって全部だよ。」・・

・・・ということだそうです、宮澤さん、宮島さん!
~~~~~~~

宇都宮で友人sNさんがトライしたこと:

ラーションに「今年もコーヒーをおごってあげるよ」というと、
「あははは、毎年だね」と受けていました。
でも結局はおごってあげるチャンスは無かったですね。
残念。3年連続というお馬鹿な記録を作ろうかと思っていたのですが。
[PR]
by maillotvert | 2011-10-26 08:24 | Road Races
<< スタバからタリーズへ、今年のラ... クロイツィゲルの手首の怪我とプ... >>