JCで来日したイラン・チームのエースがAG2R入り
先日のJC優勝者ネイザン・ハースがガーミン・サーベロに決まったかと思ったら、今度はイランチーム。
エースのザルガリがAG2R行き決定だとか。

ジャパンカップやTOJから飛び出したスターは過去にも例があり、そんな日本のレースが「昇格の守護神」という地位を確立する日を夢見つつ。

今年続いた天変地異・人災によるダメージを吹っ飛ばしてくれるぐらいの勢いで。


====== Email From 生田さん =======

例年になく参加チーム決定が遅れたのは致し方のないこと。
何かと不安もあったでしょうに、それでも来日してくれた選手・スタッフには感謝です。

いつもの通りイタヤで選手待ちをしていたところイラン・チーム(アサド大学)が。

e0244689_22481635.jpg

ところが誰も寄り付かないんですよね~

「一応押さえとくかー」と始めたサイン用ポストカード造り、イラン・チームの画像探しには実は結構苦労しました。
いざ目の前にするとその濃い風貌にちょっと引きかけたものの、誰も声をかけないのは余りにも失礼。

エース格のザルガリに「サラーム」と声をかけカードを差し出したところ、嬉しそうにサインをもらえました。
すると他の選手も「なんだ、なんだ」と集まってきたので、「えーと、このカードは誰?」と出すそばから「あ、それオレ」と手が出てあっさり全員分をゲット。

あれ?一人足りないよ?と余ったカードを手にする私に、「あ、こいつイランでクラッシュしたから来てないんだよー」と解説も。
写真撮影にも気軽に応じてくれました。

残念ながらJCでの成績はいまひとつでしたが、やはりアジアの強豪チーム。
ザルガリは来季AG2R入りが正式に決まったようですね。
http://www.velo-club.net/article?sid=64321
イランといえば、ミズバニがビザが下りずにヨーロッパで走れなかったことを思い出します。
言葉の壁や文化の壁以上に、政治の壁は高く厚い。
そんんななか苦労して掴んだヨーロッパでの契約。
ついこの間まで日本人選手が本場ヨーロッパで活躍することなど夢物語だった日本と同様、他のアジア諸国からもこれからどんどんヨーロッパで走る姿を見られると良いな・・・
そう感じたイラン・チームとのささやかな触れ合いでした。

で、ジェリー・ベリーのニックくん。
金曜日のチーム・プレゼンで餅撒きの如くジェリービーンズを投げまくった彼等ですが、
その餅撒き直前背中に隠し持ったビーンズ入りの箱を「ほら、これだよー」と嬉しそうに差し出したところをパチリ。

e0244689_22482811.jpg


そしてJCといえばわんださん。
今年のお召しものはぐっとシブくバネスト!
雨上がりのいろんな匂いが気になるのか(撮影がヘタなだけなんですが)、カメラ目線を頂けませんでしたが、やはり人気者でしたよ。

e0244689_2248369.jpg
e0244689_22484521.jpg


豆ちゃんのアルカンシェル姿は、あまりの可愛さに撮影を失念してしまいました。(^_^.)
あの可愛らしさで土曜日はチポ様のハートをゲット?
[PR]
by maillotvert | 2011-10-27 22:52 | Road Races
<< 未知谷と自転車本 スタバからタリーズへ、今年のラ... >>