元スペイン選手が気功を用いた治療院を開設 
持論なのだけど、06年のオペラシオン・プエルトを境に、スペインのニュースサイトは面白みに欠けるようになってしまった。
自転車界を揺るがす大きなニュースがそれに伴い多発するようになり、古き良き時代ののんびりした話題が陰をひそめてしまったというか。

2000年に読み始めた頃は、EFEやAFPなどのニュースエージェント配信ニュースよりも
独自取材の記事先行で、選手への親近感が増したものだ。

・メキシコでハネムーン中のコロムがハリケーンに遭遇。叩きつける暴風雨でホテルに3日間監禁状態、水・食料なし
・チャバことヒメネスが闘牛に挑戦
・ヒメネスの狩りに同行
・フレイレ、飛行機の中で他人のパソコンが降ってきて、頭に軽傷

そんなニュースのひとつとして知ったのがこのニュース。
当時カイク所属のヨン・ブルが、太極拳だか気功の修行で中国へ。

その後エウスカルテルに移籍したブルにお目にかかる機会があり、その効用を聞くと、呼吸法による心身統一が、自転車競技にもいいという。
その話で、彼がやっているのは太極拳ではなく、気功なのだ、と気がついた。

気功というと動的な動きがないイメージがあったが、型を教えてもらうと、太極拳的ポーズもあるようだ。

e0244689_755916.jpg

(07年LBLにて)

その彼が、気功の治療院の開設にこぎつけたという。(Noticiadenavarraには、いかにも気功師といった様子のブルの近影

記事によると彼が気功にハマったきっかけは、アレルギーに効くよ、という友人からのアドバイスだったのだとか。

FBには、建築中の様子も。1カ月以内に完成見込みらしい。

FBといえば、冒頭の話題に関連して思うことがある。
最近すっかり精彩を欠くようになったスペインのニュースサイトに代わって、近年では、選手自らのツイッターやFBなどが独自のニュースを配信してくれる時代になった。

オペラシオン・プエルトがあろうがなかろうが、やがて時代の傾向として、スペインのニュースサイトは王道を行き、選手密着ニュースは本人の発信により知ればいい、そういう流れに、やがていきつく運命にあったのかもしれない。
[PR]
by maillotvert | 2011-12-06 08:19 | Riders
<< ギリシャ人の自転車選手は? Jスポーツ ツール・ド・フラン... >>