プジョーがスポンサードする「Peugeot Cycles Nippon」 その2
■ プジョーは自転車が発明されたての1880年代には自転車の製作に乗り出していたという話

で、昨日のPeugeot Cycle Nipponや、プジョーの自転車の話に関連して、09年12月にフランス大使館で行われた一般公開のアートフェスティバルを思い出した。
敷地内に足を踏み入れると、いきなりプジョーの車に迎えられ、
e0244689_834127.jpg

内部では、プジョーの展示があった。
e0244689_834997.jpg

パネルを何気なく読んでいたら、突然「自転車」の文字。
驚いたことに、プジョーは製鋼業の会社から起業して、ミルにも手を広げ、さらに自転車が発明されてまもない1880年にはその政策を開始していたという。
なかなか野心的な会社だなぁ、とそのとき思ったのを覚えている。
パネルによると、あのライオンマークは、ノコギリの歯についていたものなのだとか。
e0244689_84778.jpg

じゃーん!これがプジョーの自転車@草創期。
そう、プジョーが自転車の製造を開始したのは、車に着手する前のこと。
e0244689_83586.jpg

つまり、自転車の流れで車に移行して行ったみたい。
e0244689_841316.jpg
e0244689_841985.jpg

ロゴマークの進化・変遷もあり。
何気に行った大使館で、自転車揺籃期を支えたプジョーとの出会いがあるとはね。
e0244689_843278.jpg


この展示は、09年12月のDiaryに記した例の大使館取り壊し行事にて:
09.12のDiary 仏大使館にて
[PR]
by maillotvert | 2012-02-02 08:19 | Bicycle related
<< プジョーがスポンサードする「P... プジョーがスポンサードする「P... >>