ロベール・ドアノーのフランス シクロクロス風景
市庁舎前のキスでその名が知られるフランスの写真家ロベール・ドアノー。

その彼の生誕100年記念の写真展を先日見てきた。
娘による講演会のあと、展示室へ。
その中に、こんな一枚があった。

http://www.robertdoisneau.com/largecyclocross.htm

フランス・ジェンティでのシクロクロス風景。
1947年の作品だという。

長いコートを着た男女が曲がりくねった泥の道に、まるで万里の長城さながら連なっている。
スポーツ観戦らしからぬ、どこか異次元の光景。
娯楽のバリエーションが少なかったであろう当時ならではの、”真剣な”熱気に打たれる。
[PR]
by maillotvert | 2012-04-13 08:21 | Races other than RR
<< 2007年、アムステルゴールド... 2000年2月のニュースアーカイブ >>