アムステルゴールド優勝のエンリーコ・ガスパロット - ガス会社つながりの集合写真


2005年、フランス出張からの帰国日に、パリ~ツールのスタートだけ見に行った。
パリ~、、と銘打ってはいるものの、パリからは結構遠い郊外で、しかもスタート地点への公共交通機関はなく、週末でタクシーもなく。
帰りは庭で車の手入れをしていた個人タクシーの運転手さんに、"休日出勤"をお願いして、特別に乗せてもらった、というハラハラドキドキの道中だった。

写真は、その際に見たガスパロット。
このレースのスポンサーのひとつがフランスのガス会社「プリマギャズ」だったため、ガス会社つながりでリクイガスチームの面々とプリマギャズ・キャンペーンガールとの集合写真とあいなった。

ロード・イタリアチャンプとなり、トリコロールカラーを身にまとっていた。当時 23歳。
その後、単球症で1月末ぐらいまで2ヶ月間ほど静養となった。
[PR]
by maillotvert | 2012-04-16 08:03 | Road Races
<< 結婚式と桜とサイクリストたち 2007年、アムステルゴールド... >>