テイラー・フィニーのコメント
ジロ第3ステージ。
ロベルト・フェラーリ(アンドローニ・ジョカトリ)のゴールスプリント時の斜行によりなぎ倒された選手たち。
最も被害を受けて動けなかったマリアローザのフィニーのコメントが健気に映った。

「クラッシュのあとただちに路上に座り込み続けた。ちょっとショックでね。
救急車に乗り込んだら、右ひざが腫れてた。
アイシングしたらずいぶん痛みが和らいで、フィニッシュ地点に戻ったんだ。
だってピンクのジャージを着続けたかったから。
クラッシュしたのは残念だし、起こって欲しくはなかった。
でも、クラッシュも自転車競技の一部。
シリアスでないことを祈る。」(下記に原文)

一部後続選手が彼の上に乗り上げて行ったようにもみえ、ショックはさぞかしと。
元凶であるフェラーリは、一番ナーバスな集団スプリントゴールシーンで、道を横切るような進路変更。
確かに上から眺めると、ゴールシーンはケイオスそのもの。
ちょっとした突きや押しこみは多々。
でもそれでもそれなりに、秩序と不文律はあるはず。

“Immediately after the crash I stayed sat in the road because I was a bit shocked. I got in the ambulance and my right ankle was swollen. I put ice on it and so it’s a lot less painful. I then went back to the finish because I wanted to pull on the pink jersey. It’s a pity that I crashed, I wish it hadn’t happened. But crashing is part of cycling. I just hope it’s not serious.”(フィニーコメント)

そして、フェラーリ降格もあり9位になったフミ。
エースのマシュー・ゴスを優勝に導いたその存在感がじわっと嬉しい。
[PR]
by maillotvert | 2012-05-08 08:02 | Road Races
<< バイクシェアリング By太陽光発電 ヤエスメディアムック 山口和幸... >>