ポッツォヴィーヴォが4年前に(内輪で)注目されたワケ
ジロ第8ステージを制したドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(身長165cm)のコメントがいい。
「僕はでっかいことを考えるには、小さすぎて、ただただ1日1日地道に走って行くだけ」(RCSニュースレター)

さて、このポッツォヴィーヴォの話を取りあげたのは2008年10月のこと。
とはいっても、彼のことが言及されるに至ったキッカケは、まったくもって方向違いの話題だった。
その話題とは・・・『古今東西ポディウムガール比較』。

2007年、シュトゥットガルトの世界選に行って、余りにたまげたもので、書かずにはいられなかった。
ポディウムガール(表彰式セレモニーでメダル渡しなどお手伝いするギャルたち)の衣裳が、”只今就活中”っぽかったのだ。

e0244689_7151953.jpg


質実剛健なドイツのお国柄、とはいえ、これはお堅過ぎやしないだろうか、と思ったものだ。
これなら2006年、ザルツブルクの世界選のポディウムガールは地味で、さほど洗練されていなかったけれど、民族衣装で悪くなかった。

e0244689_715118.jpg


でもやっぱり、08年ヴァレーゼ(イタリア)のポディウムガールは、きらびやかで群を抜いていたっけ。
使用した競技場は、競馬場を改造したものの、工事が間に合わず、ウォームアップする場所などはところどころ”工事を途中で打ち切りました”状態で足場が悪く、テキトー、という状況だったのに、
なぜだかポディウムガールの衣裳だけは、色とりどり、何パターンも用意して、このアンバランス感は一体???

e0244689_73189.jpg


などという話を当時(08年)エントリーしたところ、こんなメールをもらった。

「ポディウム・ガールと聞いて、すぐに思い浮かぶのが2004年のヴェローナ(の世界選)。」

なんとなれば、ポディウムガールがちょっと残念な仮装大会だったのだ。
⇒ CNから

これは一体どうしてしまったのか、いくらコロッセウムを使ったオペラ上映で有名なヴェローナとはいえ。。。。などと盛り上がったのだった。

そしてその脈絡から話は04年世界選に及び、

フレイレさんがハット・トリックを決めた年でしたが、最も印象に残ったのが
U23でRRもTTも2位だった小デッケルの膨れっ面。
写真を探しつつ2004年のリザルトを見たならば、ジュニアのRRではクルイツィガーが優勝。
ヘーシンクやカペッキの名前も見えます。
U23では、RRがシフトソフ、TTがブライコビッチ、デッケル、ニーバリ(銅メダル姿がういういしい)。
他にもヴィスコンティやポッツォビーボも。
4年後にしっかりエリートでも頭角を現してきているのはさすがですね
(当時の頂きものメール引用)

話がまわりくどくなったけれど、04年世界選で活躍した選手、としてポッツォヴィーヴォの名前がここで参照された。
U23のRRで暴れてレースを活気づけ、最終的に4位だったものの、存在感を印象付けたのだった。


ところで、上述の通り洗練されたポディウムガール(ちょっと暴走しすぎて残念に終わった例もあれど)で絶賛したイタリアだけど、ことGT(グランツール)となると、ツールにその地位を奪われてしまっている。

e0244689_7194955.jpg


2005年だったか彼女たちに話を聞く機会があったのだが、ツールのポディウムガールの躾けはかなり厳しい。
というより、そもそも選考審査自体がかなり厳密だ(続く)
[PR]
by maillotvert | 2012-05-14 08:09 | Road Races
<< アーカイブ・エントリー情報 リッコ、社会派を装う >>