2011年 11月 05日 ( 1 )
サイクルモードの人々
2005年、パリ~ツールを見に行った時、ディルーカはプロツールランキング首位で、真っ白なリーダージャージを身にまとい、凛々しくきりりと立っていた。
e0244689_2245376.jpg

ところがその2年後のシュトゥットガルトの世界選手権。
出場メンバーに選ばれ、レース本番間近という時にイタリア五輪委員から出場差し止めを言い渡された。
血液データに不審な点があるとのことで。
チームプレゼンパーティの場に姿を現したまではよかったが、
憮然とした様子で、立ちすくんでいた。
e0244689_2324413.jpg

あれから6年、紆余曲折を経て日本にやってきた彼は、6年という時を感じさせることもなく、プロツールリーダー当時のままに凛として、ああ二枚目はお得。
特にこのシャツ姿。胴体に驚異的にぴたっと合っている。
上半身、細身だけど細過ぎないボリューム感があり。
仕立てがよければ、プレーンな白いYシャツ一枚だけで、色気が漂ってしまう。
e0244689_22465467.jpg

小柄ながら立ち姿すっとしていて。
うちのツーレは、バックトゥーザフューチャーの、マイケル・J・フォックスに似ている、と言っていた。
ふむふむ。
e0244689_22471733.jpg

会場ではハリネズミの靴が話題だったけど、
e0244689_2248176.jpg

個人的には袖口のドルチェ&ガッバーナの何気ないロゴにばかりに目が行った。
e0244689_2246837.jpg

あ、それと彼の白いほっそりとした手。
荒仕事とは無縁と言った感じの、ごつごつしていない、つるつるとした綺麗な手。
握手した時も、質感を余り感じない、頼りげな感触だった。

e0244689_22455827.jpg

足を運んだトライアスロンブースでは、飯田忠志選手のお話しが聞けた。
大学時代剣道をやっていたそうで、水泳は、学校水泳のみと。
それでトライアスロンができてしまうのだから、ほんとかいな、といった感じだが。
ゆっくり泳ぐことを勧めておられた。
水を手でとらえる感触がつかめるのだと。
上田藍選手の講演も聞きたかったが時間が合わず。
e0244689_22484487.jpg

でもって、1年ぶりに再開の宮島マッサーは、ますますイタリア化が激しくて、
イタリアに長年住んでいたあの人からも、現地人扱いされていた。

八重歯全開の笑顔からは、現在の仕事に充足感を感じている様子がうかがわれ。
来季から、サクソバンクのマッサーだもんね。
数年前、ジャパンカップの際に折りたたみ式マッサージチェアを運んでいたあの時は地味にひっそり、もくもくと働いてたっけ。
今やはちきれんばかりに輝いて。証拠写真に乏しいが。
e0244689_2249050.jpg

ロングラン敢行のK山さん(サイスポ)。普通のサイン小僧に変身し、ディルーカにサインをもらったそうだ。
サイスポの文字入りジャージはこれからサイスポ用の試走の度に着続けるのだろうが、洗わないつもりだろうか。
e0244689_2249142.jpg

[PR]
by maillotvert | 2011-11-05 23:30 | Bicycle related