2011年 11月 28日 ( 1 )
rivalry と、来年はエンデュラレーシングチームが面白そう
rivalry、つまりライバルとして互いに競い合うこと、はまんざら悪いことばかりではないだろう。
互いに切磋琢磨して、ライバルなしの状態よりも向上心は高まるに違いない。。。

そんなことをつらつら思ったキッカケは、25日のCN記事。
http://www.cyclingnews.com/news/armitstead-and-cooke-row-rumbles-on

英国の女子ライダー・リジー・アーミステッドが、同胞のニコール・クック批判をぶちまけた。
世界選のとき、クックは自己中心に走っていた、と。

アーミステッドの批判記事が出たのが、ここで彼女の写真を載せたわずか6日後だったもので(下記写真)、
普段だったらスルーしたであろうCNの記事を読んでみた。

e0244689_2164391.jpg


関係者や同僚たちは、この口撃に対して全面的に否定的な様子でもない。
このライバル意識がイギリスチームの力の源になればいい、そんな受け止め方のよう。

目前のロンドン五輪で表彰台のてっぺんに立ってくれれば、喧嘩しようが構わない。
とにかく結果に結びついてくれさえすれば、、そんな本音がうかがわれる。

ちなみにロンドン・ベイカールーラインの駅で見かけたこのリジーのポスター。
e0244689_22395812.jpg


遠目で見た時は、男性ライダーかと思った。
一瞬、MotorPoint Pro cyclingチームのイアン・ビビーかと。
ビビー:今年TOBで上位につけながら落車でアウトになった人。
シクロクロス出身で、イギリスではかなり有望視されている。

来季ビビーはエンデュラへ移籍。
ラファのティエナンロック、ウィンザー、デンプスターもやはりエンデュラへ移籍するので、
来季、このチームの存在感は増すこと間違いなし。
聞くところによると、元エウスカルテルのイケル・カマニョも、本チームに来季も残留のようだ。

ちなみにラファは、チーム形態が来季から変更になり、
若手育成チームという役割をハッキリと打ち出した。
ただし、ベテランのハウスなどは後身育成を援助するとして残留する。
[PR]
by maillotvert | 2011-11-28 22:59 | Riders