2012年 03月 28日 ( 1 )
今度こそ、王手・・・のジャージのにおい・・
追記)
わかった、フランス語で柔軟剤!
adoucissant やさしくする、ってニュアンスの「アドゥスィサン」だ。

+ + + +

ジャージのにおいをなんとかプロ仕様にしたがっているSNさん。
DASHの使用後感想がきた。

『試しに洗ってみました…
残念!!
うーん香りは強めで良い匂いですが、あれではないです。
普通に、特に外国の洗剤ですね。
こりゃ本当にイタリアに行かないとダメかな‥‥』
ということで、ダメだった模様。

でも、このほど下記の情報が舞い込んだ。かなりイケルかも。
ただし、私には新たなミッションが。
フランスで、柔軟剤を買ってくる、なるミッションが。
柔軟剤って、フランス語でなんていうんだ・・・!?

女子4人の初フランス旅行でみんな牛乳と間違えてスーパーで生クリームを買ってしまった悲劇があった。
一人が飲んで、あれ?これ牛乳ちゃうかも、、、ダメだ飲めないじゃん、、、という結末。

次回も、柔軟剤と思って、漂白剤を買ったら、ゴメンって感じだ。

ちなみに下記の便りを見た感じ、もしかしたら硬水というのも重要はファクターではなかろうか?

だってイギリスで飲む紅茶は同じティーバッグでも味が全然違う。

以前ホームステイ先で出された紅茶が激うまで、家を去る日に家主に聞いた。
「あの美味しい紅茶はどこのブランドだったの?」
「センツベリー(英国の庶民的スーパー)の100個入りパックよ」・・・

そう聞いたときは、愕然だった。

試しに同じものを買って日本で飲んだが、出がらしのような味だった。
もっともそれは、いわゆる想定内のことだった。
日本は軟水。
現地で買った、超キメが細かくて感動した洗剤が、まったく泡立たなかったから。


tb1さんから -----------------

件名:海外プロ選手のジャージの匂いについて

標記の件、3種混合ミックス節に賛成なのですが、私が仕入れた新たな情報
を2点を紹介します。

・柔軟剤説

昨年の夏、オランダ在住のシクロクロス マスターズ女子世界チャンピオン
荻島美香さんのセミナーに参加したところ、彼女のウェアからあの香り
が・・。セミナー座学の質問コーナーで尋ねたところ「それは柔軟剤の香り
です」と即答。ヨーロッパは硬水なので、そのまま洗濯すると衣服がゴワゴ
ワになるので、柔軟剤は必須とのこと。何度も洗っていると匂いが衣服に
染み付いてしまうそうです。

・フランスにて毛布からあの香りが

昨年の8月、フランスブルターニュ半島を横断するロングライド、パリ・ブ
レスト・パリに参加した際、毎晩リセの体育館に設けられた仮眠所で寝たの
ですが、とある仮眠所で毛布からあの香りがするではないですか。思わず
荻島さんの「柔軟剤」に納得してしまいました。あとは実験あるのみと、
大会終了後、スーパーへ行ったけどフランス語の「柔軟剤」が分からず、
ブツを入手できず仕舞い。Nacoさん!この夏の渡仏で、ぜひ買ってきて実験
していただけません?
[PR]
by maillotvert | 2012-03-28 08:27 | Bicycle related