カテゴリ:Races other than RR( 19 )
ロンドン五輪日本代表候補選手発表記者会見にて 印象的だった場面から その2
■ 日本版ハビエル・オチョア:意識不明の重体から五輪に出場し、さらなる大けがを克服した元競輪選手

ロードの五輪出場選手は、先に確定となっていた別府史之選手に続き、新城選手の出場が先の記者会見でアナウンスされたわけだけれど、その際の発表会で、パラリンピック競技大会に出場する下記4選手も発表になり、同席していた。

藤田征樹選手、大城竜之選手、石井雅史選手、伊藤保文選手(パイロットとして大城選手とペア)

藤田選手、大城選手が口をそろえて言っていた言葉が印象的だった:

「お忙しい中、障がい者スポーツの会見も一緒に開いていただき、尽力して下さった方々にお礼申し上げます」。

同時発表の経緯はわからないけれど、これが上記4人の選手たちのなお一層の励みになるかもしれず、既成概念にとらわれずにトータルな自転車競技としてあらゆる面で力の向上を目指そうという関係者の気概の表れだとしたら、それはとても好ましいことのように思えた。

そして今回驚いたことは、石井雅史選手の奇跡の回復。

以前トクダネでも取り上げたことがあるけれど、石井選手は元競輪選手。
28歳第一線で活躍中、”ロードでの練習中、対向車と正面衝突”して意識不明の重体になったそう。

そこから奇跡の復活ぶりは、ハビエル・オチョアさながらといっても過言ではない。
(オチョアのリンクはInfoseekサービス停止により、5月末で切れます。)

北京五輪では3種目で金銀銅メダルという破竹の活躍ぶりで、広くその名が知れ渡った。

ところが、更なる悲劇が彼を待ち受けていた。
09年世界選のレース中、落車で”上半身数箇所の骨折および肺損傷”(WIKI)。

恐ろしい怪我でその時はショックだったけれど、その後のリハビリ状況をフォローしてはいなかった。
それだけに、今回出場選手に選ばれたことを知り、血のにじむような努力の末の晴れの舞台であると推察した。

また、藤田選手については、08年9/7に掲載したトクダネ(当時頂いたメールから)から抜粋してみる:

「パラリンピックで日本人選手のメダル獲得第一号が、自転車競技だったようで。
藤田征樹選手のことは存じ上げなかったんですが、事故で両下腿切断されてるんですね。

もともとトライアスロンをなさっていたらしいのですが、事故後すぐに
義足を使って歩くことが出来るのなら、トライアスロンも出来るかなと」考えたのだとか。

ご本人の努力と精神力にただただ脱帽するのみですが、
義足を開発・改良する「義肢装具士」という方達の絶え間ないチャレンジもあるのですね。」


大城選手については、前回五輪でメダルまであと一歩であったことに触れ、今回メダルへの手ごたえを聞く質問があった。
高負荷トレーニングなど強化を行ったとの由。
前回メダルを逃した悔しさをばねに、メダリストである藤田・石井御両人の背中を追いつつ頑張ってくれそうだ。

e0244689_8114618.jpg

[PR]
by maillotvert | 2012-05-04 09:05 | Races other than RR
ロンドン五輪日本代表候補選手発表記者会見にて 印象的だった場面から
印象に残った言葉:被災し、悩みつつ練習をこなした新田選手が心境を吐露

本日午後、オリンピック代表発表会に赴いた。トラック競技メンバーに選ばれた競輪3選手(渡邉一成選手、新田祐大選手、中川誠一郎選手)のうち、最初の2人は福島県出身。地元の人たちに勇気を与えられたら、と2人は語った。

そんな2人に熱い視線を送る福島放送の姿も印象的だった。

e0244689_19353753.jpg


さらに--、新田選手の言葉が心に残った。
「福島で練習してきて問題がある中で、外で乗らなければならず、難しいものがあったが、(そうした困難に打ち勝ったことを)世に実証したい」と。

屋外での練習に付随して、放射能レベルとかいう(だけでなく、悲惨な道路事情も含まれるのだそう)現実と闘わなければならなかった、そのことに言及したコメントのよう。

新田選手の去年のブログからも、そんな苦悩がうかがわれる:

「原発の警戒レベルが7になってしまい、福島での練習は致命的。
チェルノブイリの時と一緒のレベルってだけで、過剰に反応してしまいます。
このような危険な状態は、現実的に考えると色々と難しい事が沢山出てきています。」

2人が頑張る姿に、多くの人々が勇気づけられることを思うと、応援せずにはいられない。


下の写真は、競輪3人衆。左から新田祐大選手、競輪界の松本幸四郎(*)こと渡邉一成選手(*と私が勝手に呼んでいる。但し、角度限定)、競輪界の鈴木真理(*)こと中川誠一郎選手(*と私が勝手に呼んでいる)。

(*)そっくりさん大会においては、KEIRIN-ブログマガジン編集部のN村さんが主張する林雄一選手のキャメロン・マイヤー説よりはいい線いっていると自負している。

(参考:Honk de Bonk

e0244689_1935503.jpg



手術で長いプレートを腕にはめ込んだ新城幸也選手のいい表情

先に五輪出場を決めていた別府史之選手に続き、ポイント2位で、五輪の座を射止めた新城選手。

4月上旬にフレッシュ・エメロードで手首を骨折。手術で長いプレートを腕に差し込んで、実際は全治6週間だったそうなのだが、わずか4週間で大舞台・全日本を見事完走・9位。
その根性は見上げたもの。
会場では、どこか吹っ切れた表情で、頼もしく見えた。

世界選よりも1か国の出場Max人数が3人ほど少ない五輪では、チーム戦を崩すチャンス。
「数が少なくてもチャンスがふえるので、かなりの確率でメダルを狙っていく」と、なんとも力強いコメントが印象的。
厳しい体験で、精神的なタフさを増したよう。

特に全日本の250kmという長丁場をこなしたことは、自身につながったようだった。
これからツールの前哨戦でレースが立て込むようだが、コースが自分に向いていて、好きなコースと語っていただけに、期待が膨らむ。

夏季・冬季合わせて、石垣島から五輪出場選手を輩出するのは初めてとなるそうで、島をあげての応援合戦となる予感。

それから、トラック女子の鹿屋体育大学・前田佳代乃選手は、ど根性オーラを滲ませていた。
これから鹿児島には帰らずに五輪を目指すのだそうだ。こちらも頼もしい。

e0244689_19355887.jpg


西谷泰治選手のすごさ

そして今回、ポイントで3番目となり惜しくも五輪出場を逃した西谷選手の頑張りも光った。

というのも、上位5人(別府、新城、西谷、宮澤、土井選手)の五輪選考基準となるポイントを見たところ、圧倒的にUCIワールドツアー(UWT)に出場している方が有利な得点分配なのだ。

ワールドツアーチームでも、プロコンでもなくUWTレースとは縁がない西谷選手は圧倒的に不利ながら、地道にHCカテゴリーなどのレースでポイントを積み重ね、上位に食い込んだ。特にジャパンカップとアジア選手権での成績が効いた。

そのポイント配分、そんな状況かというと --
例えばUWTのフランドル一周ならば、完走すれば、たとえ成績が100位台でも50ポイントがつく。一方、西谷選手の場合、ツアー・オブ・チャイナのステージ2位をとっただけでは11ポイントしかもらえなかった。(詳細はまた後日)。

ただ、このポイントシステムも、監督の話を聞くにつけ、ある意味においては妥当な配分なのかもしれない。
つまり、「海外で常にキツイメンバーで走り完走する人が五輪に行けるシステムである」と。


また今回は、パラリンピックの選手たちの発表もあり、大ケガから復帰した石井雅史選手などの姿があった。長くなったので、とりあえず今日はここまで。
[PR]
by maillotvert | 2012-05-01 19:45 | Races other than RR
ロベール・ドアノーのフランス シクロクロス風景
市庁舎前のキスでその名が知られるフランスの写真家ロベール・ドアノー。

その彼の生誕100年記念の写真展を先日見てきた。
娘による講演会のあと、展示室へ。
その中に、こんな一枚があった。

http://www.robertdoisneau.com/largecyclocross.htm

フランス・ジェンティでのシクロクロス風景。
1947年の作品だという。

長いコートを着た男女が曲がりくねった泥の道に、まるで万里の長城さながら連なっている。
スポーツ観戦らしからぬ、どこか異次元の光景。
娯楽のバリエーションが少なかったであろう当時ならではの、”真剣な”熱気に打たれる。
[PR]
by maillotvert | 2012-04-13 08:21 | Races other than RR
女子競輪選手いよいよ始動
e0244689_23173088.jpg


ロードレース好き仲間の集まりに、その女性はごくたまに姿を表すことがあった。
仲間の一人の奥さんというその女性はみんなからドラミちゃんと呼ばれていて、女子のアマチュアレースを総なめにする剛脚ライダーなのだとか。

一見ごく普通。でも話すといかにも根性がありそうな。

「調子が悪くなると、上半身を鍛える。そうすると、又上向きになる」などと言っていて、レースがオブリゲーションではない状況で、一体何が彼女を駆り立てているのだろう、そう思った。


プロアスリートでもないのに、勝つことへの執着心は人一倍強く。
イノーもそうだけど、生まれた時から勝負師とそうでない人の2つに人間のパターンは分かれているのではないだろか。

その女性の姿を見なくなって久しくなったころ、便りが届いた。
女子ケイリン第一号になったと。
しかも最年長で。
仕事を辞めて、という選択のよう。

さて、競輪学校で濃密なメニューをこなしたであろう彼女が、遂に今年、デビューを飾る事になったそうだ。
上の写真・下の文ともにHTさんから。


卒業記念レース出場のため、松戸競輪場にやってきたドラミちゃんです。24日に卒業し、いよいよ競輪選手となって娑婆に戻ってきます。

 もっとも、 デビュー戦がおこなわれる7月までは研修がつづくそうで、かなり多忙みたいですけど。

 体重が5キロ増えて、すっかり競輪選手のからだになったそうです。(^^;

デビュー戦の日程です。
 

[PR]
by maillotvert | 2012-03-23 23:42 | Races other than RR
お台場シクロクロス Cyclo Cross Tokyo を観戦の巻き <エリート男子>
片道電車賃ワンコイン、自宅から手軽に見に行ける、なんとも有り難いシクロクロスレースが開催された。
Cyclo Cross Tokyo @お台場。

会場到着直後、いきなりツーレを見失い、まあいいか、というわけで、友達と勝手に見ていた。

一方、そのころツーレはと言えば、草むら(?)で見ていたようだ。
彼の写真を見てみると、私が見たのとはまるで別世界。
こちらは↓、引退を決めているというクリスチャン・ホイレ選手。
自転車レースと言えば、ロードレースの写真しか経験のないツーレらしく、
どことなく、ロードレース的な情景が多い気がした。

e0244689_1850547.jpg

木漏れ日が差し、普通にスイスイと走っている(かのように見える)写真。
そんなところが一見普通のロードレース風。
中間森太郎選手は埼玉県人、のジャージ。
ツーレは何を隠そう、もともと埼玉県人なのだ。
e0244689_18511158.jpg

ただ、周囲のセッティングを見てみれば、こんな素敵な小路
やっぱりロードとは別物だ。
フランスのバルビゾンでサイクリングしたとき、こんな風景が広がっていた記憶。
写真、武田耕大選手のカラーコーディネートが決まっていた。
e0244689_18512767.jpg

さっそくブログに精力的に本日の様子を入れているのは、高名なRoppingiExpressの高岡亮寛選手。
http://d.hatena.ne.jp/RoppongiExpress/20120211
このジャージが、ケルメの後身コムニダバレンシアナのジャージに見えて仕方ないのだが、、、
賛同者はいなかった。
e0244689_19304137.jpg

さて、これが本日の優勝者、ベン・ベルデン選手。
旭化成の繊維レーベル、「ベンベルグ」を彷彿とさせる名前だ。
ツーレはここで、彼の脚を狙ったという。
e0244689_1853336.jpg

拡大。すごい・・タトゥー。
e0244689_18531062.jpg

私は内側を目撃した。
これも、スゴイ。
e0244689_18532096.jpg

快調に飛ばしていた。
e0244689_1924720.jpg

全日本チャンプの竹之内悠選手も、途中まで食らいついてはいたが、及ばず。
試走のときから、群を抜いたスピードに見えたけれど、確かに世界を見渡せば、上はいるようで。
e0244689_18535171.jpg

さてさて、では私はと言えば、
砂浜ONLYの観戦だった。
なにしろ砂に足をすくわれる光景が珍しくて。
たとえばこの、エリック・トンキン選手とか。
e0244689_18542745.jpg

砂をはじきながらかっとんでいくところをバチバチと写真に、、、
といきたかったところだが、カメラが突如自動シャッターを開始し止まらなくなり、
ピントは狂うは、勝手に砂地ばかり連写しだしたりして、どうにもコントロール不能に。
騙しながら時々自動シャッターの合間に写真を「撮らせてもらっている」状態で・・

それにしても、やっぱりこういうロードではあり得ない姿が、ああシクロクロスなのだ、と嬉しくなり。
e0244689_19483567.jpg

砂煙が舞った日にはもう、大歓喜。
にしてもDaddy小坂、こと小坂正則選手は堅実な走り。
e0244689_1949713.jpg

海辺をギリで走るのもやはりよい。
e0244689_1950343.jpg

この人が丸山厚選手ですか。
チームマッサの。
女性ファンが多いというのは頷ける也。
終盤、サングラスを取って走ってたんだけど、例によって勝手にカメラが作動していて、
ピント合わせられずに終わってしまった。
買ったばかりのカメラなのだよ。
e0244689_18544178.jpg

砂浜に人影が映り、冷たい海風に頬を打たれつつ、潮の香りを嗅ぎながら、
カメラと格闘・悪態をつきながら、ゆるゆると心から楽しんだ休日のひととき。
e0244689_185506.jpg


開催にこぎつけるまで、さまざまな試練はあったに違いないけれど、
実現して下さった方たちに、改めて感謝!
[PR]
by maillotvert | 2012-02-11 20:19 | Races other than RR
高校生シクロクロスライダー、横山航太君
「長野県長野市の高校生シクロクロスライダー、横山航太君がワールドカップに遠征に行っています!」(suisei31さん)

彼のことをサポートしている株式会社黒姫和漢薬研究所(*)さんのHPを見てみれば、今回の遠征も援助しているそうだ。

(*)スポーツ事業部があるという漢方の会社。かつては宮澤崇史選手のサポートもしていたようで。

結果が楽しみ。
本場の熱気は、また格段に違うことだろう。

過去、MTB、ロード、シクロクロスとマルチに頑張っているという。
フミ、新城選手、宮澤選手、土井ちゃん、などなど、国際レベルで活躍するこの流れを継続することが大事。
その意味でも、「これから」の人たちに、エールを送る。

https://twitter.com/#!/kota202
http://kai-racing.blogspot.com/2012/01/blog-post.html
http://jcf.or.jp/?p=20405
[PR]
by maillotvert | 2012-01-28 11:15 | Races other than RR
伊豆トラックパーティが欧州6日間レースに一番近づいた場面
■ ドイツ・ベルリン6日間レースのトラックパレード vs 伊豆ヴェロドロームのパレード

トラック6日間レースは見に行ったことがないけれど、これは素晴らしいファンサービス、と感じ入ったのがこのシーン。セレモニー・マイスター率いるウェーブのパレード。

両手放しで先頭を切って波を巻き起こし、怒涛の拍手と歓声の渦に巻き込み、ヴェロドローム中を一体化させるその技!
くまたろうさんのベルリン6日間レースのビデオで初めて見た時は(特に2分30秒ごろから盛り上がり)、たまげたものだ。
選手も観客も、盛り上がり方を知っている。


(この日のセレモニー・マイスター=カーボーイ姿の=は、マルセル・バース君24歳なのだとか)


で、先日の伊豆TP(トラックパーティ)でもこのウェーブ行進が行われたらしい。
トラック競技のご意見番Crosscheckさんいわく、「(TPの中で)一番6日間らしかったシーン」とのこと。
見てみたかったな。
capybaraさん(彼女が称するところの雨乞い儀式)のビデオにそのシーンがキャッチされ。特に4分半ほどの部分。



これはステキ。

日独を比較してしまうと、やはり本場ドイツ・ベルリンのパレードは圧巻だけど、それでも伊豆の興奮度も満点と見た。

次回は是非、日本にもこのLa-Ola-Welle(ウェーブ)旋風を巻き起こすセレモニー・マイスターを所望したい。
軽いコスプレで両手放し数周を希望!、、ってそんな無茶な。(キャメロン・メイヤーですら、一瞬芸だったそうなので。)
[PR]
by maillotvert | 2011-11-02 08:06 | Races other than RR
不屈と書いて、白戸さんと読む?
10/10の「祝 白戸太朗さん、ハワイアイアンマン完走」の記事に関連して -

『白戸さんは、素晴らしいですね。

私の大学の先輩でもあり、クラブの先輩でもある白戸さん。(もちろん私なんかの事は覚えてらっしゃらないですが)

ランスの本に、「アスリートは痛みを否定する職業だ」との文がありました。(だから癌の発見が遅れてしまったと)

10/10のエントリーを読んで、すぐにこの文を思い出しました。

そして、2年くらい前に発売されたランスの本の監修を白戸さんが行っており、たしか、帯に「不屈に読みがなを付けるならアームストロングと書く」みたいな記載がありました。

まさに今回は、「不屈と書いて、白戸さんと読む!」でしょうか』(ランスマニアさんから)


さて、昨日の第17回日本トライアスロン選手権の結果はこのようだった:
http://www.jtu.or.jp/news/2011/2011news_TokyoRelease2.html

優勝は、男子が細田 雄一選手、女子は井出樹里選手。2位に入った上田藍選手は、ジャパンカップチャンピオンに。

上田選手は先日の世界選手権で8位に入っていた(写真)。その次の写真は優勝のアンドレア・ヒューイット(NZ)、2位エマ・モファット(豪州)=すべてラストの周回

北京五輪では井出選手が5位入賞だった。ロンドン五輪が楽しみ。
e0244689_7534411.jpg
e0244689_754241.jpg
e0244689_7541350.jpg

e0244689_801916.jpg




[PR]
by maillotvert | 2011-10-17 07:59 | Races other than RR
シューズはいつ履く?
先日のトライアスロン選手権では、スイム==>バイクのトランジション・エリアから数10mほどのところに陣取ったのだが、シューズを履くタイミングがみなそれぞれまちまちで、それは個人の癖なんだか、或いは競り合い具合・戦況によるものなんだか、ちょっと測りかねた。
e0244689_23314734.jpg

おいおい、いつ履くんだ、いつ履くんだ?と、熱い視線を送りつつ見守った。
e0244689_2332227.jpg
e0244689_23322336.jpg
ざっと見た感じ、この時点ではまだ裸足の方が多い。
でもすでにきちんと履いている人、慌てて履きかけてる人も。
e0244689_23324125.jpg

e0244689_23325787.jpg

ちなみに09年横浜大会のときは、トランジション・エリアのすぐそばにいたのだが、そこままるで戦場。
e0244689_23411746.jpg

あのときはSubwayオンパレードだったのか> 幟
e0244689_23412767.jpg

e0244689_23413742.jpg
e0244689_23414968.jpg

[PR]
by maillotvert | 2011-10-12 23:52 | Races other than RR
祝 白戸太朗さん、ハワイアイアンマン完走
白戸太朗さんのTwitterから:
maidotaro Taro (シラトタロウ)
ハワイアイアンマン、無事に(?)終了しました。さすがにいろいろあったけど、何とか乗り越える事が出来ました。応援頂いた皆さん、本当に有難う!
写真
(https://twitter.com/#!/maidotaro)

しかもスタート直前、『フローティング中に脚の指を骨折』したとのこと。
そんな中での完走。
『なかなか試練のアイアンマンでした』というさりげなく短いコメントの中に、恐るべき苦難がうかがわれる。

ちなみに、少し前の白戸さんのツイート;
『ランスアームストロングのハワイアイアンマン欠場で、今年の勝負は私の不戦勝となりました(^-^)』

リザルト:

Shirato, Taro JPN / JPN
Swim 01:02:22
Bike 05:47:34
Run 04:05:13
Finish 11:03:26
Div. Rank  128
Overall Rank  1024

特にスイムが好タイムだったようで、エイジランキング21位、総合346位。

つい最近まで(7月30日のお台場クリテ)では、こういう姿だったのに。
怪我というより改善のための措置とはいえ。
人間の造りが違う。骨と皮膚と筋肉の成分が同じとは思えない。
e0244689_8344389.jpg

春にロードファンの友人と行った白戸さんのお店アスロニア。
e0244689_835553.jpg

お勧め商品にはタロウさんマーク。
e0244689_8352164.jpg


お疲れ様でした。
ちなみにもしも骨折の治療にカルシウムの補給がいいのだとしたら、食品としては干しエビなどがよさそうです。
[PR]
by maillotvert | 2011-10-10 08:47 | Races other than RR