カテゴリ:Bicycle related( 56 )
プジョーがスポンサードする「Peugeot Cycles Nippon」 その3
■ これこそプジョーだ
確か台所のどこかにあったはずだなぁ、ごそごそごそ・・・
と、探し当てたのがコレ。
e0244689_831535.jpg

昨日のエントリーに書いた例のプジョーの展示で、なんでプジョーがペッパーミルを製造しているのか納得した。
e0244689_842511.jpg

もともとミル会社だったのだ。
洒落者の知人からこれをもらったときは、プジョーの製品、ということで首をひねったのだった。
e0244689_83266.jpg

ペッパーミルと自転車と自動車、その流れがわかるようなわからないような、、、けれど、きっとその過程で「かぶる」技術があったのでは。
まあ日本でも、富士フィルムのように化粧品販売に乗り出すケースもあるし。
(富士フィルム:色褪せから守るための酸化制御技術=アンチエージング、、そんな流れみたいだ。)
e0244689_833564.jpg

(しつこくプジョーネタ続く・・・)
[PR]
by maillotvert | 2012-02-03 07:48 | Bicycle related
プジョーがスポンサードする「Peugeot Cycles Nippon」 その2
■ プジョーは自転車が発明されたての1880年代には自転車の製作に乗り出していたという話

で、昨日のPeugeot Cycle Nipponや、プジョーの自転車の話に関連して、09年12月にフランス大使館で行われた一般公開のアートフェスティバルを思い出した。
敷地内に足を踏み入れると、いきなりプジョーの車に迎えられ、
e0244689_834127.jpg

内部では、プジョーの展示があった。
e0244689_834997.jpg

パネルを何気なく読んでいたら、突然「自転車」の文字。
驚いたことに、プジョーは製鋼業の会社から起業して、ミルにも手を広げ、さらに自転車が発明されてまもない1880年にはその政策を開始していたという。
なかなか野心的な会社だなぁ、とそのとき思ったのを覚えている。
パネルによると、あのライオンマークは、ノコギリの歯についていたものなのだとか。
e0244689_84778.jpg

じゃーん!これがプジョーの自転車@草創期。
そう、プジョーが自転車の製造を開始したのは、車に着手する前のこと。
e0244689_83586.jpg

つまり、自転車の流れで車に移行して行ったみたい。
e0244689_841316.jpg
e0244689_841985.jpg

ロゴマークの進化・変遷もあり。
何気に行った大使館で、自転車揺籃期を支えたプジョーとの出会いがあるとはね。
e0244689_843278.jpg


この展示は、09年12月のDiaryに記した例の大使館取り壊し行事にて:
09.12のDiary 仏大使館にて
[PR]
by maillotvert | 2012-02-02 08:19 | Bicycle related
コクサイデの風景
先週末開催されたシクロクロスの世界選に関して:
「こんなサイト見つけました」
と教えてもらったURLを見てみれば、そのこちゃん、ブログサイト持ってたんだ。

昨日の横山航太君のリザルトも。
エリートは、ベルギー勢のナショナルチャンピオンシップの様相だったようだけど、
ジュニアのうちから世界で戦ったら、ロードレースの現状みたいに
世界の背中(否、ベルギーの背中か)が見えてくるかも。

コクサイデの小学生が超可愛い~。

http://cyclocross-team-japan.blogspot.com/
[PR]
by maillotvert | 2012-01-30 07:51 | Bicycle related
選手たちが獲得したマイヨジョーヌ、現在の行方
たまたまツールのサイトを訪れて、こんなものを見つけた。
選手たちが過去に獲得したマイヨジョーヌ、現在のありかは?という特集。

意外に放置状態の人が多くてびっくり。
ローラン・ドゥビアンは、とても大事にして保存している、などと言っていたけれど、今でも自転車界とのつながりが大きい人ほどテキトーな扱いをしているような:


● ステファン・ウーロ(胃腸の病気でイエローを着たままリタイアし、涙したヒーロー)
「どこにあるか見当もつかない。ただ一着だけは監督をしているチーム(Saur-Sojasun)のトレーニングセンターの壁に額縁入りで飾られている。」

● ベルナール・イノー(74回イエロージャージ着用)
「ガレージにある。恐らく30着ぐらい。貸したのもたくさんあるけど、返ってこないのも多くて、もう貸すのは辞めた!」

● ブラッドリー・マッギー(03ツールプロローグで勝ち、3日着用)
「兄が額縁に入れて、恐らく両親の自宅の何度のベッドの下にいまあるはず。いつか取りに行って、新居に飾りたいね」

● ジャッキー・デュラン(95年プロローグで優勝し、着用)
「見当もつかない。スーツケースの中にほかの当時のジャージとともに入っているはず。家でジャージ博物館を開こうなんて言ってたけど、今では我が家に自分自身がプロサイクリストだったことを思い起こさせるものはなにも残ってない」

● JRベルノドー(現ヨーロッパカーのGM、79年着用)
「僕はものをとっておいたり、イエロージャージを家にかざるようなタイプじゃない。 Luc-sur-Boulogneの自転車博物館にあげた」

● デイヴィッド・ザブリスキー(CSC時代、05年プロローグで獲得)
「セラーのどこか、古い箱の中。過去数年間、ユタとカリフォルニアの間で引っ越しばかりしたから、ずっとお蔵入りにになってる。」


http://www.letour.fr/2011/TDF/COURSE/us/actus.html#zone169580
[PR]
by maillotvert | 2012-01-27 08:01 | Bicycle related
アロンソ、Colnago for Ferrariに乗る + ペレイロがラリードライバーに転身
F1ドライバーのアロンソがColnago for Ferrariに乗ってプロモーション。
F1ドライバーっぽい乗り方なのが面白い。




クルマ関係のニュースでもうひとつ。
引退したオスカル・ペレイロが、ラリードライバーに転身するという。
3月カナリア諸島のレースでデビューの可能性。

レモンやロッシュも、引退後にラリーに挑戦したそうだ。
モンカッサンはダカールのオートバイ部門に2回出場している。

http://www.velonation.com/News/ID/10882/Former-Tour-de-France-winner-Pereiro-embarks-on-rally-career.aspx
[PR]
by maillotvert | 2012-01-16 23:38 | Bicycle related
神宮前のサイクル街道
去年暮れ、乃木坂に行く機会があり、足を伸ばして青山方面のお寺に眠っている自転車仲間のお参りを思い立った。
お墓があるあたりはブリヂストンサイクルを始め、自転車関係の事務所やショップなどが軒を連ねている。

そのブリヂストンビルの隣に、なにやら引っ越し真っただ中とおぼしきビルがあった。
しかも・・・
e0244689_759922.jpg

??壁にはこんなポスター。
e0244689_872484.jpg

またまた自転車関係のショップが誕生するらしい。
敷きものをチェックしたところPandaniの文字。
e0244689_81598.jpg


サイクルウエアショップPandani パンダーニさんが新宿から引っ越してくるようだ。
http://pandani.jp/shop_info.html
上の写真は昨年なので、その直後はまだ新宿の住所になっていたけれど、
今サイトを見ると、既に引っ越しは済ませ、神宮前の住所になっている。


Bさんのお墓の近所が、どんどん自転車関係のショップで埋められていく。

何の前触れもなく、病気であっけなく逝ってしまったBさんが、これは
呼び寄せているのではないか、そんな思いがした。

みんなの大反対を押して、チポッリーニの筋肉ジャージを買ってしまったBさん。
本当に自転車、ことウエア収集が大好きだったから。

e0244689_831877.jpg

(クリスマス時、パンダーニのお隣のブリヂストンサイクルショップ)
[PR]
by maillotvert | 2012-01-10 08:11 | Bicycle related
ツール・ド・フランスのクロカン版 = ツール・ド・スキー
日経新聞に、クロスカントリースキーの大会で、ツール・ド・スキーなる試合があった。
ツール・ド・フランスみたいだね、などと噂していたのだが、あながち的外れでもなかったようだ。

WIKIには、こう書かれている:

「ツール・ド・スキー: 年末年始にドイツ・チェコ・イタリアで開催されるクロスカントリースキーのシリーズ戦である。8日間で10レース行われる。自転車競技のツール・ド・フランスに相当する大会」

自転車で各地を転戦するか、スキー靴に履き替えるかの違いだが、知名度ではTdFの方が断然上。
我が家はクロカン応援派だが、それを考えると自転車ロード競技よりもマイナーのようだ。
どうやら私はメジャーものには縁がないらしい。




さて、年が明けたら新聞紙面上でもオリンピックイヤーを感じさせる記事が目につくようになった。
~~~~~~~

Email from 用器具係さんから

今年は、Londonがあり、ビッグイベントが一つ増え、楽しさが倍増ですね。
Cavが本命かもしれませんが、意外な人が勝ってしまうのも、オリンピック。
その意外が、日本人の誰かだったら良いですね。

Grand Tour Kyushuの情報は、逐一入れたいと思います。
今年は、「襷」か「ゼッケン」の色を変えてほしいですね。

[PR]
by maillotvert | 2012-01-03 23:14 | Bicycle related
金色の背表紙: 「マーク・カヴェンディッシュ」
本のカバーを取って中を確認してみる読者は、出版社・編集者的には大歓迎なのでは?
私はお粗末にも気がつかなかった。
例の未知谷の「マーク・カヴェンディッシュ」の本、
カバーを取ると、本の背表紙が金文字だったこと。
五輪、金メダルへの祈り?

この本の販売部数に比例してコミッションや印税が私の懐に入るわけではないけれど、もう一言だけ。
カヴの熱いところ、私は憎めない。

(ランスマニアさんから)
トクダネで紹介のあったCavの本、さっそく購入しました!
お正月にじっくり読んでみます。

カバーのアルカンシェルが映えるなぁ~と思っていたら、
中は緑色、そして題名は金色!!!
きっと計算されているんだろうな~
素晴らしいの一言!

なんだかCavが金メダルを獲る様な気がしてきた(笑)
しかし、そんな甘くないのがサイクルロードレース
けど、Cavならそれすらも超えそうな・・・
さて、結果はいかに

e0244689_21312272.jpg
e0244689_21313222.jpg


さて、今年も最後。
来年は、過去のトクダネのアーカイブをぼちぼちと入れて行こう、なんて思いつつ。
(今年は全然はかどらなかった・・)

遊びに来て下さった方に感謝しつつ。
どうぞ良いお年をお迎えください。
[PR]
by maillotvert | 2011-12-31 22:01 | Bicycle related
日本の車窓から ~ NIPPO
手にした写真。モノレールの窓から見た光景だそうだ。あ、NIPPO。おや?
e0244689_7353064.jpg

よく見るとなにやら、レースの名前が。
e0244689_7351687.jpg

そうか、ダンジェロ&アンティヌッチィ・株式会社NIPPOとして、団体総合時間賞、チームのルビアーノ・チャべス・ミゲール・アンジェルが個人総合時間賞、リケーゼ アリエル マッシミリアーノが個人総合ポイント賞、ルビアーノ・チャべス・ミゲール・アンジェルが個人総合山岳賞、ということでU-23賞以外、NIPPOはツール・ド・北海道完全優勝を果たしたのだった。
e0244689_7354497.jpg

これら写真が実現した裏には、来る日も来る日も朝の通勤電車の中で、徐行運転するでもなくハイスピードで駆け抜けていくモノレールを相手にした、ある孤軍奮闘の物語があったようだ。

~~~(Email From たけさん)~~~

通勤に利用する東京モノレールで,ある朝,西側の窓の外を見ていたら,NIPPOのロゴが見えることに気付きました。
(NIPPO品川合材センター(東京都品川区東品川3-32-20 NIPPOビル)

約2秒後,自転車のマークと
「祝 完全優勝 ツール・ド・北海道2011/NIPPOレーシングチーム」
の文字が目に飛び込んできました。
(NIPPO 関東第2支店(東京都品川区東品川3-32-34)
こんなところに横断幕があったとは!

嬉しくなって,毎朝,西側を眺めているうちに,こちらのサイトにご報告しようと思い立ち,デジカメを構えて待ち,何度かトライしてみました。
しかし,どうもモノレールのスピードが速くなる区間のようで,テクニックのない私には想像以上のことでした。

その他にも,雨の日は水滴が邪魔,晴れた日は横断幕が光り輝いて文字が見えず,曇天の日は画像がぶれてダメ,車内が混むと良い位置を確保できず…。

11月末にやっと2日間で合計6枚,文字を判読できる写真を撮ることができました。(上記はそのうちの3枚)
(1)合材センターの「NIPPO」ロゴと,
(2)NIPPO 関東第2支店の横断幕と,
(3)横断幕部分の写真,

できれば再挑戦したいと思っているうちに12月,新シーズンに入ったと同時に,横断幕が取り払われてしまいました。残念!

さて,この横断幕の前には運河があり,その上を首都高羽田線と東京モノレールが併走しています。また,夜中のライトアップはありません。

したがって,この横断幕を見られるのは昼間のみで,おそらく,
東京モノレールの乗客と,羽田線の通行客(もちろん運転手以外)だけが目にしたのではないかと思います。

今さらながら
Team Nippoのwebサイトを確認したところ,
http://www.nippo-c.co.jp/teamnippo/index.htmlやはり写真(2枚)がありました!

TOP>新着情報(2011/10/6付け)
「TEAM NIPPOの「ツール・ド・北海道2011」 完全優勝を祝し、
当社東品川ビルに横断幕を掲げました。」
「東京モノレールご乗車の際に、ぜひご覧ください。」

会社のみなさんの喜びが伝わってくるようですね。

しばらくは横断幕のなくなったNIPPOの窓を眺めながら,
新シーズンの各選手の活躍に思いを馳せることにいたします。
- End -

[PR]
by maillotvert | 2011-12-27 07:55 | Bicycle related
この酒を手にするロード選手は?
先日忘年会で飲んだお酒。
「双虹」
写真を見た友人がいみじくもこう言った:
「世界選TTとロードを2つとも制した選手に贈りたい!」
e0244689_7484689.jpg

そっちに思考が行きますか、と笑ったが、確かに世界選王者の虹色ジャージを2つ獲得した選手に、このお酒こそぴったりだ。

ちなみに私は、双虹の選手に過去一度会ったことがある。
トラックとロードの双虹ではあるけれど、同一年の制覇に変わりない。
e0244689_7595274.jpg

名前はローラン・ティリオネ。
06年世界選ハンディキャップの部門で、個人パーシュートおよびロードTTで優勝した。
どこがハンデなのか、ダンケルク4日間レースで本人に会ったとき、わからなかった。
(彼はレースの前座でTTの走りを披露)。
真正面で対面したにもかかわらず。
あとで写真を見て初めて気がついた。
オートバイ事故で左足を失ったそうだ
e0244689_8605.jpg


ロードで虹色ジャージをダブル制覇する選手は現れるだろうか。
このお酒を手にする選手は。

ちなみにこのお酒、かなりの珍重品らしく、なかなか手に入らないと聞いている。
[PR]
by maillotvert | 2011-12-26 08:16 | Bicycle related