今度こそ、王手・・・のジャージのにおい・・
追記)
わかった、フランス語で柔軟剤!
adoucissant やさしくする、ってニュアンスの「アドゥスィサン」だ。

+ + + +

ジャージのにおいをなんとかプロ仕様にしたがっているSNさん。
DASHの使用後感想がきた。

『試しに洗ってみました…
残念!!
うーん香りは強めで良い匂いですが、あれではないです。
普通に、特に外国の洗剤ですね。
こりゃ本当にイタリアに行かないとダメかな‥‥』
ということで、ダメだった模様。

でも、このほど下記の情報が舞い込んだ。かなりイケルかも。
ただし、私には新たなミッションが。
フランスで、柔軟剤を買ってくる、なるミッションが。
柔軟剤って、フランス語でなんていうんだ・・・!?

女子4人の初フランス旅行でみんな牛乳と間違えてスーパーで生クリームを買ってしまった悲劇があった。
一人が飲んで、あれ?これ牛乳ちゃうかも、、、ダメだ飲めないじゃん、、、という結末。

次回も、柔軟剤と思って、漂白剤を買ったら、ゴメンって感じだ。

ちなみに下記の便りを見た感じ、もしかしたら硬水というのも重要はファクターではなかろうか?

だってイギリスで飲む紅茶は同じティーバッグでも味が全然違う。

以前ホームステイ先で出された紅茶が激うまで、家を去る日に家主に聞いた。
「あの美味しい紅茶はどこのブランドだったの?」
「センツベリー(英国の庶民的スーパー)の100個入りパックよ」・・・

そう聞いたときは、愕然だった。

試しに同じものを買って日本で飲んだが、出がらしのような味だった。
もっともそれは、いわゆる想定内のことだった。
日本は軟水。
現地で買った、超キメが細かくて感動した洗剤が、まったく泡立たなかったから。


tb1さんから -----------------

件名:海外プロ選手のジャージの匂いについて

標記の件、3種混合ミックス節に賛成なのですが、私が仕入れた新たな情報
を2点を紹介します。

・柔軟剤説

昨年の夏、オランダ在住のシクロクロス マスターズ女子世界チャンピオン
荻島美香さんのセミナーに参加したところ、彼女のウェアからあの香り
が・・。セミナー座学の質問コーナーで尋ねたところ「それは柔軟剤の香り
です」と即答。ヨーロッパは硬水なので、そのまま洗濯すると衣服がゴワゴ
ワになるので、柔軟剤は必須とのこと。何度も洗っていると匂いが衣服に
染み付いてしまうそうです。

・フランスにて毛布からあの香りが

昨年の8月、フランスブルターニュ半島を横断するロングライド、パリ・ブ
レスト・パリに参加した際、毎晩リセの体育館に設けられた仮眠所で寝たの
ですが、とある仮眠所で毛布からあの香りがするではないですか。思わず
荻島さんの「柔軟剤」に納得してしまいました。あとは実験あるのみと、
大会終了後、スーパーへ行ったけどフランス語の「柔軟剤」が分からず、
ブツを入手できず仕舞い。Nacoさん!この夏の渡仏で、ぜひ買ってきて実験
していただけません?
[PR]
# by maillotvert | 2012-03-28 08:27 | Bicycle related
女子競輪選手いよいよ始動
e0244689_23173088.jpg


ロードレース好き仲間の集まりに、その女性はごくたまに姿を表すことがあった。
仲間の一人の奥さんというその女性はみんなからドラミちゃんと呼ばれていて、女子のアマチュアレースを総なめにする剛脚ライダーなのだとか。

一見ごく普通。でも話すといかにも根性がありそうな。

「調子が悪くなると、上半身を鍛える。そうすると、又上向きになる」などと言っていて、レースがオブリゲーションではない状況で、一体何が彼女を駆り立てているのだろう、そう思った。


プロアスリートでもないのに、勝つことへの執着心は人一倍強く。
イノーもそうだけど、生まれた時から勝負師とそうでない人の2つに人間のパターンは分かれているのではないだろか。

その女性の姿を見なくなって久しくなったころ、便りが届いた。
女子ケイリン第一号になったと。
しかも最年長で。
仕事を辞めて、という選択のよう。

さて、競輪学校で濃密なメニューをこなしたであろう彼女が、遂に今年、デビューを飾る事になったそうだ。
上の写真・下の文ともにHTさんから。


卒業記念レース出場のため、松戸競輪場にやってきたドラミちゃんです。24日に卒業し、いよいよ競輪選手となって娑婆に戻ってきます。

 もっとも、 デビュー戦がおこなわれる7月までは研修がつづくそうで、かなり多忙みたいですけど。

 体重が5キロ増えて、すっかり競輪選手のからだになったそうです。(^^;

デビュー戦の日程です。
 

[PR]
# by maillotvert | 2012-03-23 23:42 | Races other than RR
3月21日 チクリッシモ w/選手名鑑 発売
チクリッシモVol.27が昨日から発売に。

選手名鑑の中で受け持ったチーム(- Astana Pro Team / - Movistar Team / - RadioShack-Nissan / - BMC Racing Team / - Katusha Team / - Team Saxo Bank / - Euskaltel-Euskadi / - Rabobank / - Vacansoleil-DCM / - ANDALUCIA / - Netapp)のうち、書くのに時間がかかったのはダニエーレ・ベンナーティだろうか。

彼がフレームにある英数字をつけることがある(おまじないみたいな意味合いで)と聞き、それがなにか、どういう意味なのか、、、を探求しているうちに夜が更けていった思い出。

書いていて可笑しかったのはヴァカンソレイユのデヘント。
ツール出場を棒に振ってまでツール初日に結婚式を挙げる理由が、乙女チックだった。

~~~~~~~~

ディルーカ、自社フレームの説明をするのに、「ペンを貸してくれ!」そう言って緑の印字でフレームの絵を描き始めた。
e0244689_20342436.jpg


彼の画才を見抜くには、材料不足だが。
e0244689_2039373.jpg

[PR]
# by maillotvert | 2012-03-22 20:41 | Road Races
なつかしのシリーズ今ここに蘇る「ジャージの匂い」(中野さんの見解付き)
『届きました。ついでにアレも。匂いは外箱からするとビミョーです。』(SNさんから)

e0244689_2395651.jpg


ミラノ~サンレモ観戦に行った知人からDASHをゲットしたというSNさん。
プロ選手のジャージのにおいに一番近い洗剤、という噂がたっているのだ。

『マイルがたまっているので、よほどイタリアに洗剤や柔軟剤の買い付けに行こうかと、マイルの明細を見るたびに思います』とまで言っていたSNさん。

にしても、プロ選手のジャージのにおいに近づけたいという願望が一部にある、というのを知ったのはいつだったっけ、とチェックしたら、06年のことだった。

以下、最初にこのネタが出たときのアーカイブ(06年11月のトクダネ):

~~~~~~~~~~~~~~~

海外プロ選手のジャージの臭いについて、あちこちで今論争が起こっている。一体あのいいにおいのもとは何なのか?
海外選手が続々来日し、生選手の生ジャージの臭いを嗅ぐ機会が増えたためらしい。

その臭いというのは、かなり強くていい臭いがするものらしい(私は知らない。)

そして驚くべきことに、日本中にあの臭いと同じものを出そうと、熱心に臭いのブレンドをしている人すらいる状況。

臭いのブレンドをする際、カリスマ・マッサーN氏にアドバイスを求めた人もいる。N氏の回答は:

● この質問(臭いの元)はたびたび訊かれるのだが、N氏自身、わからない。

● 洗剤や柔軟剤をチームで購入して選手のジャージを洗濯することもあるようだが、特に何の変哲もない普通に手に入るのを使っていて、あの匂いのものではない

● マッサージオイルについても適当な安いのを使っている。

● おそらく、欧米人は日本人に比べ、体臭がキツイ分、香水を半端じゃない量をふりかけるので、洗濯の度に完全に落ちきることはなく、蓄積していった

● 最近はシャネルのスポーツ何とかってのをみんな使っている。(でもこれは普段着のみのようだ)。

---- 結論としては:

ヨーロッパものの洗剤と柔軟剤 + マッサージオイル + 香水。
以上3点がブレンドされているらしい。

洗剤・柔軟剤やマッサージオイルが付着して香水がかかったジャージをあっちの洗剤と柔軟剤で繰り返し洗濯するとああなると思われる。

驚いたことに、小ネタでジャージのにおいネタにちょっと触れたところ、ブレンドを試しているマニアの人たちから続々声が届いた:

その1■ ちなみに私は日本でも買えるタイドという洗剤にダウニーという柔軟剤がミックスされているのを使ってます。エイプリルフレッシュという香りが一番近い。

その2■ 似ている香水には今のところこれと言うのに巡り会っていません。
先日買ったアランドロンのサムライが一昨年のコフィディスのジャージを思い出させてくれるにおいでした。結構有名なので、香水の通販サイトでいくらでも見つかります。ミニボトルなんて1000円しないし。

その3■ マッサージオイルは日本で主流のスポーツバルムではなくシックストゥフィットのスタートオイルですね。
あ、でもスポーツバルムの冬用のは近いかも。

その3■ クインツァートのジャージがたまたま手元にあるのですが、その匂いは、タンスに入れていたら3ヶ月くらい残っていたので、柔軟剤というよりも香水くらいの強さ、ということで、 香水の蓄積の結果、は納得できるんですが、その一方で、どの選手のジャージも似たような匂いになるのが不思議です。選手が揃って同じ香水を使っているとも思えないのですが。。。。

その4■ ジャージの感じに近い匂いの柔軟剤としては、ダウニーのエイプリルフレッシュですかね。これも輸入物の柔軟剤としてはメジャーなので、通販サイトや外国の家庭用品を売っている店では簡単に手に入りますよ。

その5■ 去年、ランプレのバッランとビラに、「ジャージの匂いの元は何だ?」と訊いたつもりが、「体を洗う石鹸の匂いは何だ?」と受け止められたらしく、「そんなに匂うかな?」と怪訝そうに腕の匂いをかぎつつ、「ビオテルムのアクアフィットネスというボディシャンプーだ」だそうで。
ジャパンカップ終了後、通販サイトで購入しましたが、「なぁんだ」という感じでした。ミントっぽい、すぅっとした感じでした。

その6■ むこうの水で洗濯するとにおいも違うのかなあ、と思います。
[PR]
# by maillotvert | 2012-03-21 23:44 | Bicycle related
河津桜と自転車と
春まだ浅い三浦海岸。
打ち寄せる波はとんがって、顔を打つ風が容赦ない。
それでも桜は季節を忘れないらしく、ようやく河津桜が満開に。

灰色の情景に飽き飽きした人々が、こぞって鮮やかな花を見物に押し寄せた先週末。
駅前の雑踏に足を踏み入れた瞬間、なぜだかピンポイントで視線が釘付けになった。
この風景に。

e0244689_212407.jpg

ボトルケージには、ブイグテレコムのボトル。
こちらのバイクの持ち主も、花に誘われてやってきたクチなのだろうか。

ビアンキのチェレステブルーと
ブイグテレコムの空色と、
そしてバックにある「自然の鼓動を感じる都市 みうら」の横断幕のライトブルー。

この3つが微妙にニュアンスの違う青のグラデーションを織りなしていた。
バイクの所有者は、そんな三位一体効果を狙ってここに止めたのだろうか?
だとしたら、かなりの洒落者に違いない。
[PR]
# by maillotvert | 2012-03-19 21:45 | Bicycle related
ミラノ~サンレモ サイモン・ゲランスと農家のおじさん
ゴスとゲランス、2枚看板でミラノ~サンレモを闘ったグリーンエッジ。
チーム初年度で栄えある伝統の一戦を制するとは。

それにしても優勝したサイモン・ゲランスは、17歳のときまでロードレースのことをあまり知らなかったというから驚きだ。

”17歳のときモトクロスでクラッシュ。ヒザを負傷した際、近所の農家のおじさんに自転車を勧められて(去年の選手名鑑から)”始めたわけなのだが、このおじさんの正体を、彼は知らなかったそうだ。

一見ただのおじさんに見えた農夫が、よもやかつてモトローラに所属し、欧州以外の選手として初めてツールのマイヨジョーヌを獲得した偉大なフィル・アンダーソンだったとは。
(近所なのだから、噂ぐらいで伝わったりしなかったのだろうか。いくらTwitterとかがない時代だったとはいえ・・)

ロードレースを開始して、いきなり元マイヨジョーヌにコーチしてもらえるなんて、そんな千載一遇のチャンスをつかんだゲランス。
とはいえ勧誘したフィル自身、ここまでゲランスが伸びるとは予想外だったそうなのだけれど。

昨日のレース、決定的だったラスト4.7キロのニーバリのアタックを逃さなかった集中力と、脚に蓄えた余力。スプリントで勝機があるから、その時点で、逃げた3人の中で、心理的に有利だったはず。

ツールのイタリアステージで優勝したとき(08年)も、少人数スプリントでの制圧だった。あの時の人数は4人だったけど。

以下、上位3人関連Photos:
Photo: 09年、モナコの街でトレーニングを終えて、レンショー宅に、電源かなにかを返却にきたゲランスに遭遇。
e0244689_80222.jpg


Poto) マペイのスタジエール時代のカンチェッラーラ。右はCSCスタジエール時代のフランク・シュレック。ジャパンカップにて。
e0244689_7595675.jpg


Photo) 08年ツールのイタリアステージにて。彼女はニーバリの出身地メッシーナの人ではなく、トスカーナの人なのだとか。でも出身地を超えてファンなのだった。
メッシーナの鮫ニーバリのフラッグ。
e0244689_80875.jpg

[PR]
# by maillotvert | 2012-03-18 08:19 | Road Races
凝り症なロードファン ~ 選手たちと同じ香りをめざす
今朝、7時前だというのに、馴染みのロードレースファンの人の携帯から、こんなメールが届いた。

『ミラノサンレモを観戦に行っている知り合いに、DASHを買って貰いました!!』

この1行を読んだとて、普通の人にはなんのことやら。
朝、いそいそと発信する内容とは到底思えない、、はず。

でもこの人にとって、DASHは魔法の洗剤なのだった。
ジャパンカップで選手たちが発散させているあのジャージの匂いが再現できるかもしれない、彼は、DASHに、一縷の望みを託したのだった。

ボディローション、コロン、その他の洗剤などなど、、、
あれの香りが似ているらしい、、、そう聞きつけるたびに商品求めて東奔西走。

試行錯誤を重ねつつ、苦節xx年。
どうやらDASHが一番近いらしい、そんな噂を聞きつけたものの、なかなか実物が手に入らず、このたびやっと念願が叶った模様。

とはいえ、DASHが果たして、あの独特のえもいえぬ複雑な”プロ選手のにほい”を再現してくれるかどうかは保証の限りではない。

がしかし、SNさんはめげない。
もし万が一、長年追い求めたこの洗剤にまで裏切られたとしても、DASHを元手にあれこれ混ぜて、本物の香りに到達するまでチャレンジするつもり。
SNさんの飽くなき挑戦は続く。
[PR]
# by maillotvert | 2012-03-17 16:21 | Bicycle related
トクダネアーカイブ ((2000年1月1日から15日まで))
ゆるり、ゆるーりと昔のトクダネ復古版をアップ中。
1999年分に続き、2000年1月1日から中旬あたりまでのトクダネを4日分ぐらいにまとめて公開。

2000年の1月半ば、現サクソバンク監督のリースはまだ現役で、とはいえチームと契約更改に至らず、浪人状況だった模様。

トクダネアーカイブ 2000年・年初~中旬までの分

さらに、この時期、インドゥラインの弟が引退。
兄と姿かたちがそっくりだったがゆえに受けた想像を絶するプレッシャー。
引退時のコメントが寂しい。
[PR]
# by maillotvert | 2012-03-16 07:34 | Road Races
お台場シクロクロス 女子選手編 1
Ready Go Japanが下総クリテの表彰台独占、という前のエントリーを受け、
以下、2月のお台場クリテの写真から同チームの選手たち:
赤塚ユリエ選手
e0244689_7435163.jpg
e0244689_744161.jpg
e0244689_7442548.jpg
e0244689_7445369.jpg

土屋ナオコ選手
e0244689_7411070.jpg
e0244689_7412037.jpg

坂口フウカ選手
e0244689_741546.jpg

坂口キヨカ選手(3位で表彰台!)
e0244689_7421445.jpg
e0244689_7422366.jpg

以下時系列順
e0244689_7424241.jpg
e0244689_7424933.jpg
e0244689_743494.jpg
e0244689_7431731.jpg
e0244689_7433020.jpg
e0244689_7454056.jpg
e0244689_8324479.jpg

[PR]
# by maillotvert | 2012-03-13 07:58 | Road Races
JBCF開幕戦・下総クリテリウムでRGJチームがワンツースリー!
~ 以下、Ready go JAPAN事務局から ~

JBCF開幕戦・下総クリテリウムでRGJチームがワンツースリー!

先日、3月11日(日)に千葉県成田市・下総フレンドリーパークにおいて開催された、
JBCF2012年・開幕戦「JBCF下総クリテリウム」において、
Ready Go JAPANチーム選手・全8名が出場し、優勝・2位・3位を独占いたしました!!
http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/jbcfrgj123-9d33.html(写真なども)

今レース会場となっている「下総フレンドリーパーク」といえば、
RGJチーム発足時から選手加入のための「トライアウト」会場となっている場所。
そんな弊チームにとっては、非常に縁がある場所ということで、
スタート前から各RGJ選手たちは、気合が入っておりました。

女子レースは12時にスタートし、スタートライン最前列を占めた
佐藤、米田、坂口(聖)、赤塚の正選手たち、そして
伊藤、坂口(楓)、寺田、土屋のサテライト選手、総勢8名のRGJ選手たちが
レースを終始コントロールしました。

レース中は、須藤大輔チーム監督が選手全体の動きを細かく見て声をかけます。
さらにRGJ選手たち同士でも、積極的に声をかけあうよう指示してました。

そしてレース序盤は、土屋がアタックで揺さぶりをかけつつ様子を確認し
中盤で赤塚が逃げを決め、その後に米田も逃げて赤塚と合流、
後半は2人で4周回を逃げ切ってのワンツー・ゴールを決めました!!

その後の3位争いは切れのあるスプリントで坂口(聖)が決め、
RGJチームによる表彰台独占を果たしてくれました!!
優勝した米田選手は、JBCF女子個人ポイント・トップの証である、
「シスターローズ・ジャージ」も獲得しました!

何よりも、RGJチーム選手全員でチームプレイを実現し、
RGJチームファンの皆様、そしてチーム活動に日頃からご協力いただいております、
協賛各社様のご期待に応えることが出来ました!!

今大会でも多くの方々から熱いご声援をたくさんいただきました。
特にゴールでワンツースリーが決まった直後から、お祝いのお声をたくさんかけていただき、
RGJ選手たちともども感無量でありました。

今後も各地のレース参戦が続きます。
各レースで「RGJ女子チームの底力」を結果に結べるよう頑張りますので、
何卒引き続き、ご声援のほどよろしくお願い申し上げます!

~~~~~~~~~~~~~~~~

Ready go JAPAN!!日本初のUCI公認女子チーム目指して発進中!
[PR]
# by maillotvert | 2012-03-13 07:39 | Road Races